ファスナー修理に関する情報サイト

お気に入りのバッグを諦めない方法

大切な人からもらったお気に入りの財布のファスナーが壊れて泣く泣く捨ててしまったり、たんすの奥底に眠らせているなどの経験はありませんか?
壊れた箇所を自分で交換や修繕しようと思っても高級なものを自分でなんとかしようとするのは難しいですし、高級な革製のものを自分でお手入れするのは難しいですよね?
そんな厄介な修理は専門店にお任せください!
あなたのお気に入りの寿命を延ばし末永く大切にお使いいただけるようになります。

財布のファスナー修理は専門店へ!寿命を延ばして長く使う

財布のファスナー修理は専門店へ!寿命を延ばして長く使う 大切な人からもらったお気に入りの財布のファスナーが壊れて泣く泣く捨ててしまったり、たんすの奥底に眠らせているなどの経験はありませんか?壊れた箇所を自分で交換や修理しようと思っても高級な財布を自分でなんとかしようとするのは難しいですし、高級な革製の財布を自分でお手入れするのは難しいですよね? 一番重要な場所であるファスナーは消耗品なのでいくら大事に使っていても、いずれは壊れてしまうものです。
一番重要な場所であるファスナーは消耗品なのでいくら大事に使っていたとしてもいずれは壊れてしまうものです。
そんな厄介な修理や消耗品の交換は、専門店にお任せください!あなたのお気に入りの寿命を延ばし、末永く大切にお使いいただけるようになります。

鞄やお財布などのファスナーの修理に関して

鞄やお財布などのファスナーの修理に関して 鞄やお財布に付いているファスナーですが他にジッパー、チャックなど呼び方はいくつかあります。
そんなファスナーですが、ずっと使い続けていると噛み合わなくなったり動かなくなったり変形したり、スライダーが破損したりして壊れてしまうときありますよね。
中には自分で修理出来る方もいらっしゃいますが、そんなときは専門店などに出して職人さんに直してもらうと良いかもしれません。
自分でするより専門家の方にしてもらった方が安心です。
またすぐに壊れるということはないはずです。
専門店ではファスナーだけの修理も受け付けているので、まだまだ使えるのにファスナーだけ壊れてしまったときにはおすすめです。
ただ場合によっては結構費用がかかってしまうかもしれませんが気に入っている、思い出がある、大切にしているといったような鞄やお財布には良いです。
完全に壊れてしまってる場合は修理ではなく交換することになります。
それぞれのお店で費用は異なるので、まずはご自身でお店やだいたいの費用を調べると分かりやすいかもしれません。
けれど、ファスナーの壊れ方や種類によってお値段は変わってきますので、お店へ持っていってから職人さんに状態を見てもらうのが一番正確に分かるでしょう。

壊れたファスナーの修理は手の器用な方であればDIYの範囲で直せます

衣類やバッグ、財布やアウトドア用品など、ファスナーが付けられている商品は沢山あります。ボタン式よりも完全に密閉することができるので便利なファスナーですが、有名メーカー品以外では使用していると後に壊れてしまうことは良くあることです。
スムーズに上げ下げできないようになったり、つまみ部分の欠損、下部用の留め具の欠損なども起きやすいトラブルです。
壊れたことによって新品に買い替えをする方もいますが、手の器用な方はDIYで修理をすることも不可能ではありません。手芸店などを利用すると交換用のファスナーは販売されていますが、壊れた部分を全て取り外すことが難しいアイテムであれば、ファスナーの修理キットを購入する方法が便利です。
購入先は大手のECサイトでも販売されており、沢山のパーツ類と特殊工具をセット販売しているキットでも1,000円程度から購入できる商品があるので、購入をして破損個所を修復したり欠損してしまったパーツを新しく取り付けることはDIYの範囲でも無理ではありません。

ファスナーの修理に設定される料金の目安とは

ファスナーというと開け閉めをする機能を実現するものですが、何度も開閉するとガタが生じやすく壊れやすいといえるのではないでしょうか。
大きさや故障の状態、修理の内容や難易度にもよりますが、スライダーの交換程度なら5千円くらいからやってもらえます。ファスナーそのものとなると手間が掛かるので、料金は1万円からといったところが多いですが、それでも修理してもらえるのは確かです。
ファスナーはそれ自体が特殊でもない限り高価ではなく、全く同じものを求めなければ安く購入できます。つまり、修理に要する料金はファスナー自体よりも交換作業、更にいえば技術料や工賃の割合が大きいわけです。
シンプルな衣類などで修理しやすいものについては、良心的なお店なら3千円ほどで直してもらえることもあります。
このように、ファスナーは安くて料金は修理する人次第で設定が決まりますから、安いお店は本当に安くて驚くくらいにお得なところもあるのではないでしょうか。

ファスナーが壊れた場合は洋服を買い替えるよりも修理をするのがお得

ファスナーは今では、色んなアイテムに活用されるパーツとなりました。これは1920年代にアメリカ合衆国で開発をされたもので、当時は陸軍のパラシュートに採用をされていました。弱い力で開閉ができることから、現在では洋服に使われるのが一般的です。
ファスナーは何度も使用すると壊れることがありますが、その際は洋服を買い替えるよりも修理をした方がコストを大幅に抑えることが可能です。修理をする方法は大きくわけて2種類になり、ひとつはご自身でパーツを購入して付け替えるというものです。
この場合はミシンが必要で、少しコツを掴まないと上手く付け替えられない場合があります。もうひとつは、専門店に修理を依頼するという方法です。
街中に洋服修理専門店というものが多数存在しており、ここを利用することで修理をすることができます。費用は洋服一着当たり約500円が相場なので、新しく買い替えるよりも非常にお得になることがわかるでしょう。

滑りが悪く引っかかりがちなファスナーも修理で改善できる

滑りの悪いファスナーは、そのまま使い続けるよりも修理することをおすすめします。もちろんファスナーを修理せずに使い続けることでも、ある程度滑りを良くすることができます。何度か使っているうちに金属パーツの表面が削れて、引っかかりがなくなってなめらかに滑るようになるからです。
しかし作りが悪いと使い続けても引っかかりが改善されないことも多く、洋服を着る度にストレスを感じることにもなりかねません。快適におしゃれを楽しむためにも、修理を依頼するのがベストです。
ファスナーの修理は、お直しを行なっているお店などに依頼すると対応してもらいます。このとき滑りが悪いことを伝えれば、具合の悪い部分を発見して改善してくれるので、手元に戻ってくる頃には快適に使えるようになるはずです。
もしあまりにも品質の低い部品を使っている場合には、ファスナーごと取り替えるという解決方法も検討されます。この場合には修理にかかる費用や時間が増えてしまいますが、もし余裕があるのであれば検討してみると良いでしょう。

ファスナー修理をすれば買い替えよりも費用が抑えられます

日常のさまざまなところでファスナーを目にします。洋服や靴、財布などは素早く開け閉めができて、中身が出てくる心配がないから重宝します。
そんなファスナーが壊れてしまうと、そのアイテムを使い続けるのが難しくなります。靴はフィットしなくなりますし、財布はお金を落としてしまいます。そこで買い替えを検討する人も多いでしょうが、修理をするほうが費用を抑えることができます。
現在流通しているアイテムのファスナーはほとんどが、数少ないメーカー製です。なので使っているファスナーが特定できれば、元通りの状態にすることができるのです。
ファスナー修理の専門業者は、主要なメーカーのものをほとんど把握しています。ですから一般的なアイテムであれば、交換することで直ります。
修理の費用は材料費と縫製の手間賃になります。洋服など修理がしやすいものならば、数千円で直してくれます。革財布など修理に手間がかかるものはコストが増加します。

壊れてしまったファスナー!それは意外な方法で簡単に修理が可能

日本はもちろんのこと、世界各国で洋服やバッグに使用をされているものというと何を思い浮かべるでしょうか。
正解はファスナーであり、1970年に日本の服飾メーカーが開発をして一気に世界へと普及をしていきました。
100円ショップで販売をされているグッズでも目にできますが、何度も開閉をしていると自然と壊れるものです。
一度壊れると修理をするのが難しいように思いますが、実は意外な方法で簡単に修理をすることができます。
ここで解説をすると、脱線という故障であれば、サラダオイルを塗るだけでファスナーを元通りにすることが可能。
方法を述べると、ファスナーが脱線をするのは噛み合わせが悪くなっているからです。
オイルを塗布することで噛み合わせが良くなり、スムーズに開け閉めをすることが可能となります。
買い直すのは簡単ですが、自分で直した方がコストが掛かることもなく、短時間で良好状態となって。
気分もすっきりとすることは確かです。

ファスナー修理に必要な道具は自宅にある物で代用できる

ファスナーが動かなくなった場合には、何かにひっかかっていないかどうかを確認してみましょう。
何もひっかかっていなければ、スライダーとエレメントに潤滑油を塗ります。
潤滑油はワセリンやリップクリームでも代用できます。
この時、潤滑油やワセリン、リップクリームがテープの部分にはみ出すとシミになるので注意して塗ってください。
もしもスライダーが生地を挟んでしまってファスナーが動かない場合には、ファスナーを逆の方向に動かしつつ挟まれた生地を引っ張り抜くか、あるいはスライダーの先にフォークやピックのようなとがった物を差し込んで、生地を引っ張り抜きます。
エレメントのずれが原因でファスナーが閉まらない場合の修理に必要な道具は、ラジオペンチです。
エレメントの位置を左右対称に整えたら、緩んだスライダーをラジオペンチで締めれば完了です。
それでも直らなければ、マイナスドライバーでスライダーの隙間を広げてから同じ手順を繰り返します。

ファスナーの修理を依頼すれば必要な部品を用意しなくて済むので便利

人間は毎日のように、様々なファッションアイテムを身に付けています。
例えばジャンパーやズボン、かばんにリュックサックなどが挙げられますし、大切な品々を中に入れて日々使っているかもしれません。
特にファスナーが付いている場所には、財布やスマートフォン、自宅の玄関や車の鍵なんかも普段から入れているでしょう。
ですが何年もファスナーの開け閉めを行っていると、ある日突然劣化によって壊れてしまうケースがあります。
そのままにはしておけないので何とか解決しようにも、個人で修理するのはそれなりの知識を持っていないといけません。
また必要な部品を手芸店などで探さなければならないので、結構な手間と時間がかかって面倒です。
そこで壊れた品は専門店に持ち込み、プロに直してもらうのが最適です。
状態をチェックしてからすぐ修理に取り掛かってくれるので、大事なアイテムを無駄に捨てずに済むのでとてもありがたいです。
愛着のあるアイテムの数々をよみがえらせるためにも、ぜひ一度依頼をしてみてください。

ファスナー修理の不可能な場合についてのケース

ファスナーはレールと引手であるスライダーで構成されており、多くの場合は現在は金属やプラスチックで構成されております。
ベースになる布地の部分にレールを打ち込んで左右で結合し、強い力が発生しても外れないような仕組みになっているのです。
ワンタッチで付けたり外したり出来る、画期的な発明でした。
現在は止水ファスナーなどの高気密なモデルもあり、縫わずに熱圧着で貼り付けるような製造豊富尾をしております。
こうした特殊なモデルでは修理が難しくて、壊れてしまったのならば交換をすることになるのです。
なぜなら修理をしても気密性の維持は難しいですし、直す時には人件費の方が高くなってしまいます。
古いファスナーはパーツがないためにリペアが不可能なこともあるのです。
メーカーは無数にあり類似パーツが手に入っても、年代やメーカーで微妙な差が発生してしまいます。
現在では消滅してしまったメーカーも少なくありません。
現実的には取り外してファスナーごと交換するのが一番簡単なのです。

大切なバッグのファスナーを修理する簡単なテクニック

ブランド用品の人気は根強く、初任給ではじめて高級なバッグを買ったという方も多いことでしょう。
毎日大切に使っていても、自然と故障や破れなどが生じるものです。
とくに使用頻度の高いファスナーの場合は、うまく開け閉めが出来なくなることも多々あります。
壊れてしまった場合、自分では直すことができないのでしょうか。
結論から言えば修理は可能です。
その方法とテクニックを簡単に、ここで見てきます。
ますもっとも多いケースは、ファスナーの脱線という不具合です。
用意する道具はサラダオイルのみで、コットンに染み込ませた油をファスナーにしっかりと塗り込むことです。
しばらく空気に触れさせておき、一気に開放をしたら元通りになること間違いなし。
もしファスナーの爪が折れているようであれば、接着剤で爪の箇所に穴埋めをしても修理をすることができます。
テクニックといっても自宅にあるものを活用するだけなので、さほど難しいコツもいらないものです。

ファスナー修理の最新情報をもっと

ファスナーを修理したいなら

新着情報

◎2023/2/1

情報を更新しました。
>壊れてしまったファスナー!それは意外な方法で簡単に修理が可能
>ファスナー修理に必要な道具は自宅にある物で代用できる
>ファスナーの修理を依頼すれば必要な部品を用意しなくて済むので便利
>ファスナー修理の不可能な場合についてのケース
>大切なバッグのファスナーを修理する簡単なテクニック

◎2022/4/15

情報を更新しました。
>壊れたファスナーの修理は手の器用な方であればDIYの範囲で直せます
>ファスナーの修理に設定される料金の目安とは
>ファスナーが壊れた場合は洋服を買い替えるよりも修理をするのがお得
>滑りが悪く引っかかりがちなファスナーも修理で改善できる
>ファスナー修理をすれば買い替えよりも費用が抑えられます

◎2021/6/4

修理にかかる時間や日数
の情報を更新しました。

◎2021/4/5

レザー製品のファスナー修理
の情報を更新しました。

◎2021/1/15

サイト公開しました

「ファスナー 鞄」
に関連するツイート
Twitter

肩が凝りすぎて通勤のを軽く小さくした関係で鍵と免許証をうまいこと一緒にしまえる何かをずっと探していたがもうこれでいいなとちいこいダブルファスナーポーチに落ち着いた……意外といいんではないか。

マザーズバッグ トートバッグ エコバッグ マイバッグ 軽量 キャンバス 無地 ファスナー付き 大きめ A4 A3 レディース ママ マザー ビッグ 大容量 かばん 出産祝い mothers bag 買い物バッグ 通勤 通学

今更だけど、カバンファスナーでMacBookが傷だらけになってて悲しいんだよなあ買い替え(だめ)

【セール】トートバッグ レディース キャンバス ファスナー付き a4 バッグ 肩掛け 軽量 かばん バック 大きい 大容量 一泊 肩掛けバッグ マザーズバッグ 旅行バッグ 通勤 おしゃれ かばん 女性 メール便送料無料 

普段使いのカバンが修復不可能になり「もういっそ作ったる!!」とショルダーバックの型紙を写し(左腕がまだ痛くてカバン持てないし下げられない)布を裁断して内側にファスナーつけた所でどうしても外布とショルダーにインド刺繍リボンを贅沢に使いたくて作業が止まってる……2m欲しい……2m……